開館1周年記念展ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!

2017年4月22日(土)~9月24日(日)会期中無休

ともだちを紹介してよ、スヌーピー。

「ピーナッツ・ギャング」とは、スヌーピーをはじめ「ピーナッツ」に登場する個性豊かなキャラクターたちのこと。本家チャールズ M. シュルツ美術館のあるアメリカでは親しみを込めてそう呼びます。スヌーピーの飼い主で、なにをやっても上手くいかないチャーリー・ブラウン。黄色い謎の鳥ウッドストックは、スヌーピーの親友。怒ってばかりの「ガミガミ屋」ことルーシーと、安心毛布を手離さない弟のライナス、などなど。

開館1周年を記念する本展では、ピーナッツに登場する70を超すキャラクターから、特になじみ深いギャングをオールスターとしてピックアップ。80点の貴重な原画や新作のオリジナル映像を通じて、スヌーピーとの微笑ましい関係や定番エピソードを紹介します。展覧会を楽しんで、ギャングをより深く知れば、ピーナッツの世界をもっともっと好きになるはずです。

ショップ「BROWN’S STORE」では、L.L.BEANやジェラートピケートのコラボをはじめ、定番のぬいぐるみ、雑貨、文具など、新たなラインナップをお届けします。テラス席が心地よい「Cafe Blanket」では、「1周年記念パンケーキ」をはじめ、開館1周年記念展のテーマに合わせた新メニューを提供します。

80点の原画 チャーリー・ブラウンからウッドストックまで、個性的で愛らしいピーナッツ・ギャングの代表的なエピソードや、スヌーピーと遊ぶ原画をピックアップ。本物の原画を通して各キャラクターの特徴やスヌーピーとの関係を知ることができる、またとない貴重な機会です。

チャーリー・ブラウンとスヌーピー 「ピーナッツ」原画(部分、1994年9月4日)

謎の鳥ウッドストックと仲間たち 「ピーナッツ原画」(部分、1982年7月25日)

ルーシーとシュローダー 「ピーナッツ原画」(部分、1970年9月28日)

サリーとスヌーピー 「ピーナッツ」原画(部分、1974年8月10日)

ライナスの大切な安心毛布をつけ狙うスヌーピー 「ピーナッツ」原画(部分、1960年1月10日)

ペパーミント パティとマーシー ピーナッツ原画(部分、1990年3月11日)

スヌーピーときょうだいのスパイク、オラフ ピーナッツ原画(部分、1989年5月14日)

ピーナッツ・ギャング大集合 ピーナッツ原画(1990年1月27日)

2つのオリジナル映像 ベートーベンを敬愛するトイピアノの名手シュローダーとスヌーピーが、ピアノの周りでコミカルな寸劇を繰り広げる「シュローダー&スヌーピー」(写真)と、インタラクティブな触れ合いが楽しい「ピーナッツ・ギャング・オーケストラ!」を上映

展覧会のみどころや鑑賞のアドバイスは
FACEBOOKTWITTERで。